2020年01月17日

日本神話と魏志倭人伝

こんにちは!

久しぶりにカテゴリ【日本の始まり】の話です。

今回は、卑弥呼と台与を日本神話に紐づけてみました。
時間がなくて、まとまっていないのですが、ザックリ言うと

アマテラス=卑弥呼
アマテラス2代目=ヨロヅハタトヨアキツシヒメ(万幡豊秋津師比売)=台与
アマテラス=卑弥呼の死は、狗奴国の男王卑弥弓呼(ひみくこ)=スサノオに原因がある可能性が高い。
台与の時代は、祭祀はアマテラス、政治は天皇という体制が欠史八代の間続いた。
箸墓古墳は、卑弥呼、台与の時代のものであるので、どちらかの墓である可能性は高いが、
埴輪なども出土しているので魏志倭人伝の内容に照らして矛盾もあります。

himiko.jpg

まとまっていませんが、流れは次のとおりです。【】内は、私の私見です。

倭国で男性の王の時代が続いた(70-80年間)が、その後に内乱があり(5-6年間)、その後で一人の女子を立てて王とした(卑弥呼【アマテラス】の即位)。

倭の女王卑弥呼【アマテラス】と狗奴国の男王卑弥弓呼(ひみくこ) 【スサノオ】とは平素から不仲であった。
それゆえ倭国は載斯烏越(さしあえ) らを帯方郡に派遣して狗奴国との戦闘状況を報告させた。
これに対し(魏の朝廷は) 塞曹掾史の張政らを派遣した。邪馬台国に赴いた張政らは証書と黄幢を難升米(なしめ)【高皇産霊尊またはオモイカネ】 に授け、
檄文を作って諭した。
卑弥呼【アマテラス】が死んだ【天の岩戸隠れ・・天皇が崩御することをお隠れになるという。】ので大いに冢を作った、径は100余歩である、殉葬された奴婢は100余人である。

卑弥弓呼【スサノオ】との不和、狗奴国との紛争もしくは難升米【高皇産霊尊またはオモイカネ】の告諭が死の原因ということになる。
そのために狗奴国の男子王の卑弥弓呼【スサノオ】に卑弥呼【アマテラス】は殺されたと考える説もある。

【天の岩戸から再登場したアマテラスは2代目のアマテラスで宗女台与であり、ヨロヅハタトヨアキツシヒメ(万幡豊秋津師比売)であります】
【アマテラス2代目のヨロヅハタトヨアキツシヒメ(万幡豊秋津師比売)は、もともと降臨するはずだったオシホミミの后で、天孫ニニギ(とニギハヤヒ)の母です。】

247年日本に派遣された張政は、台与【アマテラス2代目】を相手にしていることから、この時には、すでに卑弥呼【アマテラス】は死んでいた。
よって、卑弥呼【アマテラス】は、240年から246年ごろに死んだと考えられ、
在位期間は、173年〜246年までの【67年間から】73年間と推定される。台与と同じく13歳で女王になったとすれば、没年の推定年齢は【80歳から」86才である。

魏志倭人伝によると、卑弥呼【アマテラス】が「女王」に共立されたのは、2世紀に起きた「倭国乱」の後である。
倭国乱を「男王がいて七、八十年経った頃」としており、その始点を107年の朝貢とすると、177-187年に倭国乱があったことになる。
これより卑弥呼【アマテラス】の共立は184〜189年となる。

卑弥呼【アマテラス】死後、男の王が立つが、国が混乱し互いに誅殺しあい千人余が死んだ。

魏志倭人伝には卑弥呼【アマテラス】が死去した後、男王が立ったが治まらず、
壹與【台与ーアマテラス2代目ーヨロヅハタトヨアキツシヒメ(万幡豊秋津師比売)】が女王になってようやく治まったとある。
この卑弥呼【アマテラス】の後継者である壹與(臺與)=台与はアマテラスの息子アメノオシホミミの妃となったヨロヅハタトヨアキツシヒメ(万幡豊秋津師比売)に比定できるとする。
つまり卑弥呼【アマテラス】の死後男子の王(息子か?)が即位したが治まらず、その妃が中継ぎとして即位したと考えられる。
これは後のヤマト王権で女性が即位する時と同じ状況である。ちなみにヨロヅハタトヨアキツシヒメは伊勢神宮の内宮の三神の一柱であり(もう一柱はアマテラス)、
単なる息子の妃では考えられない程の高位の神である。
(資料ページ・・なぜかリンク切れ)

記紀には、当初からアマテラスが単独で登場することが多かったが、天の岩戸隠れ以降、アマテラスが高木神と一緒に登場することが多くなったのは、
卑弥呼【アマテラス】が台与【アマテラス2代目】に変わった為、まだ13歳と若かった台与の父である高木神が補佐していたのだと考えることができます。

jinnmu.jpg

【台与ーアマテラス2代目ーヨロヅハタトヨアキツシヒメ(万幡豊秋津師比売)が女王に即位後にニニギ(とニギハヤヒ)を降臨させたようです。】
【以降、祭祀はアマテラス(台与)、統治は天皇、軍事は天皇の機関という体制が作られていき、台与の死去まで続いたものと思われます。】
(※資料:私は日本神話では祭祀、統治(豊穣、生産、医療などを含む)、軍事の三つに分けるべきだと考えます。
この場合、祭祀はアマテラス、統治はスサノオ、オホクニヌシ、軍事はツクヨミ、スクナヒコナとなります。
なお、神武東遷では、祭祀及び統治はイワレヒコ、軍事はイツセ(イツセ死亡後は、タギシミミ)ということになりましょう。
ポリネシア語で解く日本の地名・日本の古典・日本語の語源 「スサノオ神話」の真実


台与【アマテラス2代目ーヨロヅハタトヨアキツシヒメ(万幡豊秋津師比売)】の在位期間は、248年〜305年の57年間と推定され、没年は70歳前後
台与【アマテラス2代目】が女王に共立されたのは248年前後と考えられる。その後は、天皇の陵墓を見ても分かるように、8代の孝元天皇までは小さな墳丘であることから、
政治の実権は台与にあった。9代開化天皇の陵墓は、約100mの前方後円墳であるが、
西殿塚古墳、箸墓古墳など200mを超える当時の大型古墳より小さく、この時代も台与【アマテラス2代目】が統治していたと考えられる。

「この箸墓古墳は長さが280mもあり、当時としては最大の古墳である。
一皇女が天皇の陵墓を遙かに凌ぐ大きな古墳に埋葬されるとは考えられない。
3世紀後半の最高権力者は台与【アマテラス2代目】であり、彼女がこの古墳に埋葬されたと考えられる。

箸墓古墳 「布留0式」の土器表面に付着した炭化物をC14法で測定し、240〜260年の範囲とした。C14法には不安定要因があり、
この年代であれば50〜100年程度はばらつく。
240〜340年の広い幅であるとしかか言えないとしている。従来通り、箸墓古墳の築造は3世紀末から4世紀初頭するのが妥当である。
この年代であれば、台与が箸墓古墳に葬られたとするとしても矛盾はない。」
(資料ページ・・なぜかリンク切れ)

以下、資料のまとめ

備考:スサノオAD121(122)〜185(186)アマテラスは同年代推定86歳(AD200年超位)まで生きた。大国主はスサノオより少し後の年代。
卑弥呼の死は240年から246年ごろ。在位期間は173年〜246年までの73年間
卑弥呼の共立は184〜189年⇒【卑弥呼をアマテラスとするなら、スサノオの生きた年代(≒アマテラスの年代)を40年ほど後へずらす必要があります。誤差の範囲と考えることもできます】
台与の在位期間は、248年〜305年の57年間と推定され、没年は70歳前後
箸墓古墳の年代(240〜260年)測定は誤差が大きく、卑弥呼、台与の両時代を含む・・どちらかの可能性が高い。伝えられている通り女性の墓ならば、欠史八代の天皇より大きい前方後円墳。

(資料:原田常治氏は、日本各地の神社の古い伝承を整理して、『日本古代正史』(同志社、昭和51年)で
スサノオの生没年をAD121(122)〜185(186)年と推定しています。原田説をすべて信ずるわけではありませんが、
多くの傾聴すべき事項を含んでいます。)
こう考えますと、アマテラスもスサノオとほぼ同じ時代、オオクニヌシはそれよりもやや下る時代に生きていたと
考えても良いでしょう。記紀は、そう古くない時代の「事実の伝承」を多分に含んでいるのです。)
ポリネシア語で解く日本の地名・日本の古典・日本語の語源「スサノオ神話」の真実

目からウロコの新しい発見!縄文語辞典、古代史の新解釈 ぜひこのサイトをご覧ください!
井上政行ホームページ「ポリネシア語で解く日本の地名・日本の古典・日本語の語源」
カテゴリ「日本の始まり」の記事で、、最も影響を受けているのが、このホームページですが、私は、思うがままに私見を並べているだけなので、内容には大きな違いがあります。
ぜひ、上記のホームページをご覧になって、次元の高い見識に触れてください。


少しでも日本の始まりに興味を持ったら
やる気スイッチ
一日一回 押してくださいm(_ _)m
   ↓

語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 考古学・原始・古墳時代
FC2 Blog Ranking


posted by 横浜信玄 at 09:37| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日本の始まり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月05日

邪馬台国とイハレヒコ

カテゴリ【日本の始まり】

卑弥呼と神武

『卑弥呼の国を倒したのは、神武天皇』
というタイトルを見かけて

ふと考えてみたのですが、
今まで、卑弥呼はアマテラスと同一人物か?と何度か考えたことがあったけれど、むしろ、卑弥呼の国を倒したのは、神武天皇の方が、しっくり来ることが多い気がします。


足跡を追っていくと、天孫降臨の道のりの初日、ニニギが、対馬の浅茅湾に着くと、遠くに大男が立っていて、大声で何やら叫んでいます。
「ニニギ様〜!こちらでございます〜!」叫んでいたのは、猿田彦でした。

その猿田彦に対して、同行していた、アメノウズメは、ニニギ様をお守りする為に、問いただしました。

「お前はなに者だ!?」


アメノウズメとは、アマテラスが岩戸隠れした時に、外に出てくるようにとの願いを込めて、全裸で踊った海女です。
後に猿田彦と結ばれることになります。


猿田彦は、「ニニギ様が、降臨されると聞き、お迎えに参りました。」と答え、一行は、猿田彦の道案内のもと、対馬の浅茅湾を出て、九州に向かいました。

壱岐島、五島列島から、北九州に上陸、筑紫の高千穂を通り、宮崎県の高千穂から鹿児島県へ入ります。


高千穂とは、(天孫が)「道に迷った場所」というか意味なので、迷いながらの道中だったことが、伺えます。


魏志倭人伝に、いつも文句を言っている、邪馬台国の王に従わない国が南にあることが書かれていて、その国が、薩摩(日向国)だったのでは、ないかと思います。


ここでは、後に海幸彦、山幸彦の神話があり、薩摩隼人が大和朝廷に従うようになった話しとして、受け継がれています。

笠沙.jpg



ここまでのいきさつを想像すると、天孫降臨した、ニニギ一行を待っていたのは、荒ぶる豪族達が支配する国々であり、

さまざまな迫害を受けながら、命からがらたどりついたのが、邪馬台国に反抗する国、薩摩(日向国)で、

初めは天孫ニニギを持ってしても、国王のようには従わなかったが、

コノハナサクヤヒメとの子である山幸彦(ホオリ)の代になって、隼人として天津神に使えるようになり、

後の大和国建国へ大きな力となっていったと考えるとしっくりしてきます。


そうすると、この後、ホオリかウガヤフキアヘズまたは、イハレヒコ(後の神武天皇)が卑弥呼か台与または、次の国王と戦うことになり、勝ったのか?・・・


また、浅い知識を身につけて、いずれまた、ここに書かせていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

目からウロコの新しい発見!縄文語辞典、古代史の新解釈 ぜひこのサイトをご覧ください!
井上政行ホームページ「ポリネシア語で解く日本の地名・日本の古典・日本語の語源」
カテゴリ「日本の始まり」の記事で、、最も影響を受けているのが、このホームページですが、私は、思うがままに私見を並べているだけなので、内容には大きな違いがあります。
ぜひ、上記のホームページをご覧になって、次元の高い見識に触れてください。


少しでも日本の始まりに興味を持ったら
やる気スイッチ
一日一回 押してくださいm(_ _)m
   ↓

語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 考古学・原始・古墳時代
FC2 Blog Ranking



スマートフォン専用サイトの下段に、PC版と同じリンク集を設置しました。





posted by 横浜信玄 at 01:08| 神奈川 ☔| Comment(0) | 日本の始まり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月04日

八咫烏(やたがらす)

カテゴリー日本の始まり

最近、秋篠宮さまの、大嘗祭の宗教性などを問題にした発言がありましたが、古事記や日本書紀に出てくるような伝統ある儀式は続けてほしい。

日本は、アマテラスや神武天皇の時代には、今の日本語とは全く違う言葉を話していました。

日本人は、ポリネシアなど南方から船でやってきた海洋民族によって興された国なのです。

最近になってマオリ語などの現ポリネシア語で、難解だった古事記や日本書紀に出てくる、意味不明の言葉の意味を訳すことができることがわかってきました。

yatagarasu.jpg
〜画像:八咫烏-賽銭箱の神紋-熊野神社 (港区麻布台)〜

今日は、その中でサッカーのJリーグのシンボルとなっている三本足の八咫烏について書いています。

テレビドラマ下町ロケットにもヤタガラスが使われるなど、勝利を導く縁起の良い神話の烏ということになっています。

この八咫烏ですが、後の神武天皇、イワレヒコを先導して行くのですが、それだけではなく、口上を述べたり、

あるいは、後に論功行賞の対象になったり、その上、この烏の子孫にあたる人物名が書かれていたりということで、

どう考えても八咫烏は、人間なのです。

ヤタガラスは、マオリ語の「本当に先頭に立って突進する元気な老人」という意味になるようです。
熊野から吉野まで

このように、古代の日本語が難解だったがゆえに起きた、誤訳や勘違いとポリネシア神話独特の自由な発想力が融和して、日本神話が生まれ、天皇家の儀式も完成していったのです。

私が今日、ヤタガラスの話を披露したからといって、これからも何も変わらず八咫烏は八咫烏のままでしょう。
2000年の伝統を大切にしていきたいと思います。


目からウロコの新しい発見!縄文語辞典、古代史の新解釈 ぜひこのサイトをご覧ください!
井上政行ホームページ「ポリネシア語で解く日本の地名・日本の古典・日本語の語源」
カテゴリ「日本の始まり」の記事で、、最も影響を受けているのが、このホームページですが、私は、思うがままに私見を並べているだけなので、内容には大きな違いがあります。
ぜひ、上記のホームページをご覧になって、次元の高い見識に触れてください。


少しでも日本の始まりに興味を持ったら
やる気スイッチ
一日一回 押してくださいm(_ _)m
   ↓


語学(日本語)ランキング

にほんブログ村 考古学・原始・古墳時代

FC2 Blog Ranking



スマートフォン専用サイトの下段に、PC版と同じリンク集を設置しました。




posted by 横浜信玄 at 00:22| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日本の始まり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月25日

【日本の始まり】対馬 神風

雑談程度の話ですが、対馬を取り上げたので、神風について思いつきを書きます。

先日、NHKのTVを見ていて。【元冦】について思ったことがあります。

私の世代は、2回の蒙古襲来が神風によって救われたようなことを教えられて来ましたが、

実際には、1回目は、時期的にも台風が直撃する時期ではなく、資料から見ても日本の特に九州の鎌倉武士の戦いによる勝利で、
2回目の襲来のときは、圧倒的に戦力が不利な状況でありながら、勝利したのは、神風のおかげだという内容だったと記憶しています。

実際には、資料は非常に多く、そんなに単純なことでもなさそうですが・・

私が、思ったのは、元、高麗軍が対馬、壱岐で行った壊滅的な残虐行為です。
刀を洗う川の水が、血で真っ赤に染まったといいます。

ここは、アマテラスが萬神を生み、数々の神話を生み、また、ここから天孫降臨したアマテラスの子孫の直系が、初めて天皇になったことから考えても、日本の聖地であります。

まさに、神の逆鱗に触れたということではないでしょうか?

moko.jpg

蒙古軍は、志賀島に陣をとったようですが、ここは、「漢委奴國王」の金印発見の場所でもあり、アマテラスの時代から重要な海上交通の拠点であったに違いありません。

そんな、聖地や要所要所で、残虐行為を繰り返した事による、神の怒りが、神風という形になって現れ、4000艘の船を沈めてしまったとも言えるのではないかと思います。

ここでも1つ神話が増えましたね。


目からウロコの新しい発見!縄文語辞典、古代史の新解釈 ぜひこのサイトをご覧ください!
井上政行ホームページ「ポリネシア語で解く日本の地名・日本の古典・日本語の語源」
カテゴリ「日本の始まり」の記事で、、最も影響を受けているのが、このホームページですが、私は、思うがままに私見を並べているだけなので、内容には大きな違いがあります。
ぜひ、上記のホームページをご覧になって、次元の高い見識に触れてください。


少しでも日本の始まりに興味を持ったら
やる気スイッチ
一日一回 押してくださいm(_ _)m
   ↓

語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 考古学・原始・古墳時代
FC2 Blog Ranking



スマートフォン専用サイトの下段に、PC版と同じリンク集を設置しました。




posted by 横浜信玄 at 16:01| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日本の始まり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月19日

【日本の始まり】対馬

こんばんは!

カテゴリを1つ増やしました。
【日本の始まり】です。今日が第1話です。

興味のない方はスルーしてくださってかまいません。

なんとなく、第1話は「対馬」が思い浮かびました。

最近、韓国人の観光客が増え、そのマナーの悪さが問題になっている九州の北にある島です。


天気の良い日には、韓国からこの島が見えるといいます。
それほど、韓国に近い島です。

この島は、イザナキ イザナミが結婚した地で、アマテラス(天照大神)も居住した日本の聖地といってよい場所です。
http://www.iris.dti.ne.jp/~muken/koten05.htm#031%E4%BC%8A%E8%80%B6%E9%82%A3%E5%B2%90

話は変わりますが、卑弥呼で有名な、魏志倭人伝に出てくる【倭国】ですが、私の今の知識では、日本では、九州から関西、北陸まで、そして北は、朝鮮半島南岸までが、倭国の範囲だったのです。

これは、卑弥呼よりも数百年前?に、イザナギ、イザナミやアマテラスらが、国名はともかく、海洋民族であった倭人の国として朝鮮半島南岸までを支配していたので、対馬があんなに韓国に近いのに、今でも日本領であるのだということだと思います。

ですから、日本は国を挙げて、もっと対馬をきれいに!美しく!保つ努力をするべきだと思います。

そして、韓国人の観光客は、多分、倭人の子孫たちが懐かしんで来ているのだと思うので、嫌うのではなく、
マナーがよくなるようなきれいな対馬にすることが大切だと感じています。

wakoku.jpg

目からウロコの新しい発見!縄文語辞典、古代史の新解釈 ぜひこのサイトをご覧ください!
井上政行ホームページ「ポリネシア語で解く日本の地名・日本の古典・日本語の語源」
カテゴリ「日本の始まり」の記事で、、最も影響を受けているのが、このホームページですが、思うままに私見を並べているので、内容には大きな違いがあります。
ぜひ、上記のホームページをご覧になって、次元の高い見識に触れてください。


少しでも日本の始まりに興味を持ったら
やる気スイッチ
一日一回 押してくださいm(_ _)m
   ↓

語学(日本語)ランキング
にほんブログ村 考古学・原始・古墳時代
FC2 Blog Ranking




posted by 横浜信玄 at 04:46| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日本の始まり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする