2020年06月07日

前線消滅と等圧線の膨らみ

おはようございます!

時間がとれないので、取り急ぎ天気図だけアップしておきます。

前線消滅と等圧線の膨らみによるM5.5以上の注意範囲です。

20200606.jpg

(追記6/8/10:50am
下図の等圧線の膨らみ部分が、次の天気図で消滅しました。注意範囲が重複しますので、下の天気図に追記しました。
・・追記ここまで)
20200607.jpg

昨日は、強くはないけれども長い(20秒間)耳鳴りがありました。
はっきりとはわかりませんが、近場の東京23区の地震を捉えていたのかもしれません。

最近の主な地震

2020年 6月 6日22時48分 東京都23区 M3.7 震度2 深さ80km
2020年 6月 1日09時33分 薩摩半島西方沖 M4.3 震度4 深さ10km他群発
2020年 6月 1日06時02分 茨城県北部 M5.3 震度4 深さ100km

少しでもお役に立てたら
やる気スイッチ
一日一回 押してくださいm(_ _)m
   ↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地震・災害
FC2 Blog Ranking

posted by 横浜信玄 at 09:13| 神奈川 ☁| Comment(0) | 予測と検証 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月28日

耳圧

こんばんは!

5月28日22:50頃、突然の耳圧8秒。

西南西を向いた左耳で強く感じたので、注意範囲を示して予想してみました。

赤塗部分にM5以上。

5月31日までを中心に、6月5日まで。

20200528.jpg

少しでもお役に立てたら
やる気スイッチ
一日一回 押してくださいm(_ _)m
   ↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地震・災害
FC2 Blog Ranking

posted by 横浜信玄 at 23:44| 神奈川 ☔| Comment(0) | 予測と検証 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月24日

沖縄本島付近で、低気圧逆行

こんばんは!

沖縄本島付近で低気圧が逆行しました。

すでに、震度4の地震が発生しています。

2020年 5月23日04時33分 沖縄本島近海 M4.9 震度4 深さ50km

低気圧逆行の注意範囲は広いので、注意範囲をアップロードします。

20200522.jpg

少しでもお役に立てたら
やる気スイッチ
一日一回 押してくださいm(_ _)m
   ↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地震・災害
FC2 Blog Ranking



posted by 横浜信玄 at 02:41| 神奈川 ☁| Comment(0) | 予測と検証 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月07日

大規模警戒

こんにちは!

昨日5月6日から今日にかけて、低気圧の南下、逆行という現象が見られました。

低気圧が進むべき本来の進行方向の広範囲の中に、大きな震源がある可能性があります。

一つ一つの低気圧の動きに赤線で注意範囲を表して、最後に気になる動きをした低気圧の注意範囲を濃い赤色で塗りました。

その方法が正しいかどうかはわかりませんが、低気圧より北側の広範囲が注意範囲です。

20200506.jpg

発生時期として
●本日(5/7)朝7時頃、植物生体電位八街tree1での針のような異常が出ています。
M5.5までなら、5月15日まで。日本付近の大規模なら5月28日まで。

まだありそう?宮城県沖M6.1の記事内では、
>(4月20日から)今回の地震が、前震ならすぐにも発生しますし、そうでなくても1〜2ヶ月のうちには発生する可能性があると考えています
と書いているので、他の前兆の検証をしながら6月20日まで観察します。

今日昼のテレビで、東大の名誉教授が東京を含め南海トラフも危ない。東日本大震災の余震域が広がっているとの趣旨のことを言っておられました。
2月に択捉島南東沖にM7が起き、最近は茨城県千葉県に中規模地震が多発しているのでそんな気になってきます。
ただ、まだそういったことが予知できるだけの大規模地震のデータはないと思います。
勘は当たるけど、思い込みは外れます。

今あるデータは、以下のものが有力です。
@低気圧の逆行により日本付近に大きな震源がありそう。
A植物生体電位では、日本周辺に月末までに中規模か大規模地震がおきそう。
B4月18日の小笠原諸島西方沖 M6.9の深発地震に対応する地震はまだだと思う。
インドネシアにM6.8が起きたけれども遠すぎる。
日本、台湾、マリアナ諸島あたりにM7クラスが起きそう。
ただ、@ABがそれぞれ関連しているかどうかもわかりません。

少しでもお役に立てたら
やる気スイッチ
一日一回 押してくださいm(_ _)m
   ↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地震・災害
FC2 Blog Ranking

posted by 横浜信玄 at 15:42| 神奈川 ☀| Comment(0) | 予測と検証 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月06日

千葉県北西部 震度4 など検証

こんばんは!
皆さま、最近は緊急地震速報の警報音に驚く日々が続いています。
そこで最近の地震を検証しておきたいと思います。

【検証】
マップでの検証は各過去記事内のマップに書き込んでいます。
下記の通り多くの前兆がありました。
他にも、植物生体電位八街の異常1件の記載し忘れがあります。
耳鳴り、耳圧、植物生体電位の異常が多くなると必ずと言っていいほど地震が発生しています。

●2020年04月30日ツイート記事
>4/29 植物生体電位八街
12時台ツリー1、14時台ツリー2の小さな波形の乱れは異常か?
M4〜M5台なら5/6まで、日本周辺の大規模なら5/20まで

・・・・下記の地震が対応の地震に含まれると考えます。念の為5月20日まで様子を見ます。
5月 3日 薩摩半島西方沖 M6.0
5月 6日 千葉県北西部 M5.0
5月 4日 千葉県北東部 M5.5

●2020年04月29日ツイート記事
>4/29お昼頃、小さな耳鳴りを伴う耳圧を5秒間くらい感じました。
日本周辺の地震。近場のM4.5以上遠方なら大規模もありえます。
5/1までを中心に最長で5/6まで

・・・・下記の地震が対応の地震に含まれると考えます。
5月 3日 薩摩半島西方沖 M6.0
5月 6日 千葉県北西部 M5.0
5月 4日 千葉県北東部 M5.5

●2020年04月26日ツイート記事
>千葉県北西部に放射状雲M4~5

・・・・ズバリ的中!
5月 6日 千葉県北西部 M5.0 震度4

●2020年04月20日記事 4月20日の低気圧

>4月20日の低気圧は、勢力こそ弱い低気圧ですが、スピードが早く、内陸や沿岸に衝突を繰り返しました。
青じるしそれぞれが注意地点です。

・・・・勢力が弱くても早い低気圧の衝突はトリガーになりますね。
5月 6日 千葉県北西部 M5.0
5月 4日 千葉県北東部 M5.5

●2020年04月17日ツイート記事
>4月17日低気圧南下傾向
(中略)16日には耳鳴り耳圧ありました。(中略)ミニクリプトン電球1つ切れました。いずれも地震関連の場合もあるので念の為報告します。

・・・・低気圧は房総半島沖を南下したので、下記地震が対応地震と考えます。
5月 6日 千葉県北西部 M5.0
5月 4日 千葉県北東部 M5.5
また、耳鳴り耳圧及び電球切れに関しては、薩摩半島西方沖 M6.0や長野県中部の群発地震もあったので対応地震の判断はしかねますが、多くの大きめの地震が発生していることは事実です。

●2020年04月20日記事 まだありそう?宮城県沖M6.1

>まだ北方向には大きな震源がある可能性があると考えています。(中略)
釧路沖周辺(〜青森県東方沖

・・・・4月24日及び4月30日に連続して発生した青森県東方沖 M5.0 震度3が対応地震に含まれると考えますがしばらく様子を見ます。

●2020年04月16日記事 台風並みの低気圧が房総半島を直撃

>奄美から九州四国沿岸(中略)房総半島を直撃

・・・・この強い低気圧が
5月 3日 薩摩半島西方沖 M6.0
5月 6日 千葉県北西部 M5.0
5月 4日 千葉県北東部 M5.5
などの地震を引き起こしたことに最も関わっていると思います。

●2020年02月17日記事 低気圧逆行

>九州などでは、低気圧が行く手を抑えられるような動きが見られました。(中略)
注意範囲を示して大規模な震源があることも考えられることを指摘しておきたい

・・・・5月 3日 薩摩半島西方沖 M6.0の震源がこの頃から準備されていたのだと思われます。

記事内のマップはこちらです
20200215.jpg

最近の大きめの地震

2020年 5月 6日01時57分 千葉県北西部 M5.0 震度4 深さ70km
2020年 5月 4日22時07分 千葉県北東部 M5.5 震度4 深さ50km
2020年 5月 3日20時54分 薩摩半島西方沖 M6.0 震度3 深さ10km
2020年 4月30日12時15分 青森県東方沖 M5.0 震度3 深さ30km
2020年 4月26日23時02分 釧路沖 M4.6 震度2 深さ50km
2020年 4月26日09時49分 茨城県南部 M4.8 震度4 深さ70km
2020年 4月26日03時28分 沖縄本島北西沖 M4.7 震度1 深さ20km
2020年 4月24日04時52分 青森県東方沖 M5.0 震度3 深さ70km
2020年 4月23日13時44分 長野県中部 M5.5 震度4 深さごく浅い 他群発
2020年 4月20日20時39分 薩摩半島西方沖 M4.6 震度2 深さ150km

少しでもお役に立てたら
やる気スイッチ
一日一回 押してくださいm(_ _)m
   ↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地震・災害
FC2 Blog Ranking

posted by 横浜信玄 at 05:09| 神奈川 ☁| Comment(0) | 予測と検証 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月24日

長野県中部の群発地震

気になる群発地震が発生しています。

2020年 4月23日13時44分 長野県中部 M5.5 震度4 深さごく浅い 他群発

【検証】
※マップでの検証は、各過去記事内のマップに書き込んでいます。

この地震、直近では

●2020年04月16日記事 台風並みの低気圧が房総半島を直撃

この低気圧がトリガーになったと思われます。

下の天気図あたりがその時だと思います。

20200413.jpg

淵源は、昨年の台風17号の衝突からゆっくり時間をかけて震源が成長したのでしょう。

●2019年09月24日記事 台風17号

・・・この記事のマップ及び天気図での衝突が震源を作ることになった淵源だと思います。

(追記4/24/9:55・・・
●2020年04月01日記事 低気圧逆行

この記事内の天気図を見ていただけるとわかると思うのですが、逆行した低気圧の等圧線の歪のところに震源があるので、
強い衝突があったと思われるのと、低気圧逆行の一因になった事も考えられます。・・・追記ここまで)

少しでもお役に立てたら
やる気スイッチ
一日一回 押してくださいm(_ _)m
   ↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地震・災害
FC2 Blog Ranking

posted by 横浜信玄 at 04:21| 神奈川 ☁| Comment(0) | 予測と検証 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月20日

まだありそう?宮城県沖M6.1

おはようございます!

昨日まで度々注意を促していた注意範囲に大きな地震が発生しました。

2020年 4月20日05時39分 宮城県沖 M6.1 震度4 深さ50km

この地震を検証しますが、その前にこの地震の震源が私が示した注意範囲より若干外れて発生したという過去の記事が2つありました。

それを考えると、まだ北方向には大きな震源がある可能性があると考えています。

今回の地震が、前震ならすぐにも発生しますし、そうでなくても1〜2ヶ月のうちには発生する可能性があると考えています。

日本周辺で考えると、1.釧路沖周辺(〜青森県東方沖〜岩手県沿岸まで) 2.北海道南西沖周辺 このあたりが過去に低気圧の強い衝突があったにも関わらず、相応の対応地震が発生していない地点と考えています。

▲2020年04月16日記事 台風並みの低気圧が房総半島を直撃

>4月15日に低気圧が南下したので念の為ピンクの線と矢印で注意範囲を示しました。

・・・この範囲より若干南側に発生していますので、別の地震を捉えていることも考えられます。

▲2020年03月23日記事 3月18日〜22日 前線消滅など及び検証

>3月18日の低気圧南下による注意範囲

・・・この範囲より若干南側に発生していますので、別の地震を捉えていることも考えられます。

【検証】
※マップでの検証は各過去記事内のマップにて検証しています。

●2020年04月20日記事 低気圧南下

>北方向の広範囲に、大きな震源がある可能性があると思います。
>4月19日は、無音の耳圧を8秒ほど感じました。
日本付近のM5以上の可能性。4月26日まで観察します。

・・・今の時点では、この地震を主に捉えていたと考えます。

●2020年04月19日記事 日本周辺は、M7以上の注意範囲

>福島県から宮城県沖を東進したため、その北側を広く注意範囲にしました。

・・・今の時点では、この地震を主に捉えていたと考えます。

●2020年04月02日記事 4月1日は房総半島に強めの衝突

>爆弾低気圧となって東北地方沖を高速で北上中です。

・・・震源に高速で強い勢力の低気圧の衝突があったようです。

●2020年04月01日記事 低気圧逆行

>3月31日午前6時〜9時 低気圧が逆行する現象がありました。
進行方向広範囲に大きな震源がある可能性があります。

・・・今の時点では、この地震を主に捉えていたと考えます。

●2020年03月09日記事 低気圧の意思と震源の意思

>南下する前の低気圧のコースから、大きな震源がある可能性のある範囲を予想しました。

・・・この地震の前兆も捉えていたと思われます。


●2020年02月27日記事 震源を避けた?

>2月26日から27日にかけて、勢力は弱いですが低気圧が南下、東進、発生、南下するなどの現象が見られました。

大陸の強い高気圧に押し出されたのだと思いますが、行く手に大きめの震源があり、そこを避けた可能性も否定できないので、念の為注意範囲を示しておきます。

・・・この時点から震源はできていたようです。

少しでもお役に立てたら
やる気スイッチ
一日一回 押してくださいm(_ _)m
   ↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地震・災害
FC2 Blog Ranking

posted by 横浜信玄 at 10:16| 神奈川 ☔| Comment(0) | 予測と検証 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

低気圧南下

こんばんは!

4月19日、朝低気圧が東進したため、注意範囲を示しましたが、

その低気圧が南下しました。

そのため同じではありますが、あらためて注意範囲を示しました。

低気圧南下には、理由として行く手に1030hPa という強い勢力の高気圧があることが考えられますが、きれいに南下を始めたことが気にかかります。

北方向の広範囲に、大きな震源がある可能性があると思います。

発生時期はわかりません。

20200419.jpg

4月19日は、無音の耳圧を8秒ほど感じました。
日本付近のM5以上の可能性。
4月26日まで観察します。

少しでもお役に立てたら
やる気スイッチ
一日一回 押してくださいm(_ _)m
   ↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地震・災害
FC2 Blog Ranking
posted by 横浜信玄 at 00:43| 神奈川 ☁| Comment(0) | 予測と検証 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月19日

日本周辺は、M7以上の注意範囲

おはようございます!

大きな深発地震が発生しました。

2020年 4月18日17時26分 小笠原諸島西方沖 M6.9 震度4 深さ490km

2020年 4月18日18時25分 小笠原諸島西方沖 M6.0 震度2 深さ490km

ここの深発地震は、対応範囲が、日本列島全体、台湾、マリアナ諸島まで広範囲になります。

硫黄島の深発は、主に台湾から沖縄本島の範囲が多いのですが、小笠原の場合ははっきりしません。

何れにせよ、日本付近は、M7以上の注意範囲に入っています。

発生時期はわかりませんが、しばらくの間宏観現象や前兆現象に目が離せません。

マップは、4月18日から低気圧が内陸を移動した後に、

福島県から宮城県沖を東進したため、その北側を広く注意範囲にしました。

20200418.jpg

【検証】小笠原諸島西方沖 M6.9の大規模深発地震

●4月17日のツイート記事

>16日には耳鳴り耳圧ありました。(中略)ミニクリプトン電球1つ切れました。

・・・この現象は前兆であったと思われます。またこの記事を書いた後にもう一つミニクリプトン電球がきれました。
大地震の前には、電球が切れたり、電化製品が突然作動したりします。電磁波の関係でしょうか?

(ここから追記4/20/1:45am
●2020年03月11日記事 M7連鎖

>M7の震源を作った低気圧の衝突は、その時その低気圧の等圧線の中に前回M7を起こした震源があるときに起きる。
この時前回M7を起こした震源からM7エネルギーが低気圧を介して新しいM7震源に伝達される。

・・・説明がわかりにくいのですが、択捉島南東沖M7の震源上に低気圧の最外輪がある時に、この小笠原諸島西方沖M6.9の震源もほぼ最外輪上にあります。M7連鎖の法則に当てはまっていると考えます。

●2020年03月09日記事 前線消滅

・・・この記事内の天気図にある消滅した前線上にこの地震は発生しました。・・追記ここまで)

少しでもお役に立てたら
やる気スイッチ
一日一回 押してくださいm(_ _)m
   ↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地震・災害
FC2 Blog Ranking
posted by 横浜信玄 at 09:36| 神奈川 ☀| Comment(0) | 予測と検証 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月16日

台風並みの低気圧が房総半島を直撃

おはようございます!

4月12日から15日の低気圧の動きをまとめました。

動きとしては、奄美から九州四国沿岸、紀伊半島に上陸、伊豆半島沖に低気圧発生、房総半島を直撃、その後上陸茨城県まで注意。
低気圧は大型で強いので、日本列島全体を包んでいました。

4月15日に低気圧が南下したので念の為ピンクの線と矢印で注意範囲を示しました。
ただ、上空に寒気の強い流れがあるようで、地震との関連はわかりません。

前記事 ロシア沿岸で低気圧逆行 の低気圧南下も寒気の渦によるものの可能性があります。
しかし、北の方は注意が必要だとは考えています。

20200412.jpg

【最近の検証】
※マップでの検証は、各過去記事のマップに書き込んでいますので御覧ください。

●2020年04月02日記事 4月1日は房総半島に強めの衝突
>遠州灘付近で、短いですが前線消滅。そして、房総半島には強めの衝突があったようです。

・・・4月12日 茨城県南部 M5.1 震度4の震源にも衝突があった可能性があります。
またこの地震は、前線消滅の注意範囲内で発生しています。他にも注意範囲内に4月13日の 長野県北部 M3.8 震度4の地震も発生しています。

●4月2日ツイート記事
>4/2/19:30頃
音になるかならないかの境目くらいの高周波の耳鳴りと耳圧が10秒ほど続きました。
関東、伊豆諸島、東海位の距離内のM5以上ではないかと思います。(4/9まで)

・・・4月12日 茨城県南部 M5.1 震度4が対応地震の1つであると考えます。

●2020年04月01日記事 低気圧逆行
>低気圧が逆行する現象がありました。進行方向広範囲に大きな震源がある可能性があります。

・・・今の時点では、逆行した低気圧上に4月 7日 日向灘 M4.6 震度3の地震が発生しています。
そして、進行方向に4月12日 茨城県南部 M5.1 震度4の地震が発生しました。

また、この記事内で
>3月31日植物生体電位 八街で13時過ぎの植物生体電位の針のような波形はなんでしょうか?
22時半頃の小異常もありました。
日本周辺M5.5以上距離によっては大規模も(4/21まで)

・・・今の時点で4月12日の茨城県南部のM5.1が対応地震の1つであると考えます。

【最近の主な地震】

2020年 4月15日16時19分 沖縄本島近海 M5.0 震度2  深さ10km
2020年 4月13日19時16分 長野県北部 M3.8 震度4  深さ10km
2020年 4月12日00時44分 茨城県南部 M5.1 震度4  深さ50km
2020年 4月11日05時29分 千葉県東方沖 M4.5 震度2  深さ30km
2020年 4月 7日14時12分 日向灘 M4.6 震度3  深さ30km
2020年 4月 2日19時08分 宮古島近海 M4.5 震度3  深さ50km
2020年 4月 2日00時33分 千葉県東方沖 M4.2 震度3  深さ10km

やる気スイッチ
一日一回 押してくださいm(_ _)m
   ↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地震・災害
FC2 Blog Ranking
posted by 横浜信玄 at 09:17| 神奈川 ☁| Comment(0) | 予測と検証 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする