2020年03月26日

【検証】カムチャツカ半島沖に巨大地震発生

こんにちは!

3月25日大きな地震が発生したようなので検証します。

2020年 3月25日11時49分 北西太平洋(北緯49.0度、東経157.7度) M7.8 震度1
(M7.5 深さ56.7 kmーUSGS)

震源地は、カムチャツカ半島の太平洋沖になるようです。

【検証】

●直近では、前記事のマップの低気圧南下が1枚、前線消滅が2枚、それぞれの現象はこの地震を捉えていたと思われます。
            ↓ ↓
2020年03月23日 3月18日〜22日 前線消滅など及び検証

ここに掲載した天気図からも大型でとても強い低気圧が衝突していることが見てとれます。

また、この記事で行った石川県能登地方震度5強の地震の検証も、多くは複数震源を捉えていて、この地震にも当てはまるものがあります。

●2020年03月23日 ツイート記事
3/22 3/23 2日連続、耳圧と耳なりがありました。
1周間ほど様子見です。
近場から距離が遠くなるほど大きい可能性あり。

・・・・・この地震を捉えていたと考えられます。

(追記3/28午前8:50頃・・・
●2020年03月11日記事 M7連鎖
2020年03月12日記事 M7連鎖の法則の続き
でM7連鎖を指摘しましたが、逆側のカムチャツカ半島沖ににこの法則の現象が起きた可能性も考えられます。
遠地なので、低気圧の衝突は確認していませんが・・

●2020年03月06日記事 強い衝突
3月5日は、勢力の強い低気圧が押し戻されるような強い衝突がありました。
釧路沖を中心に、青森県東方沖から北海道の太平洋沿岸地方などが注意範囲と考えています。
大規模の可能性もありえます。

・・・・押し戻されたのは、この震源に行く手を阻まれた可能性があります。

●2020年02月27日記事 震源を避けた?
2月26日から27日にかけて、勢力は弱いですが低気圧が南下、東進、発生、南下するなどの現象が見られました。
(中略)行く手に大きめの震源があり、そこを避けた可能性も否定できないので、念の為注意範囲を示しておきます。

・・・・この震源を避けた可能性があります。

●2020年02月17日記事 低気圧逆行
九州などでは、低気圧が行く手を抑えられるような動きが見られました。
また、北海道の南西沖付近では、低気圧が逆行するような動きが見られました。

・・・・この震源に行く手を阻まれた可能性があります。
・・・追記ここまで)

(追記3/30午後17:10頃・・・
2020年02月15日記事 【検証】択捉島南東沖 M7.0

択捉島南東沖 M7.0 は 深さ160kmという深い地震なので、対応地震が発生する可能性があります。
深さが中途半端ですが、同規模以上を視野に入れて警戒するべきです。

・・・・この地震が対応地震の可能性があります。
・・・追記ここまで)

最近の大規模地震の予想に関しまして、この地震を含め、すでに発生したと見ることもできますが、
さらに複数の震源がある場合がありますので、
春分前後の注意期間及び、スーパームーンの影響が薄れる4月15日までは観察を続けます。

少しでもお役に立てたら
やる気スイッチ
一日一回 押してくださいm(_ _)m
   ↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地震・災害
FC2 Blog Ranking
posted by 横浜信玄 at 14:28| 神奈川 | Comment(0) | 予測と検証 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月23日

3月18日〜22日 前線消滅など及び検証

おはようございます!

3月18日から22日まで、大型で強い低気圧の衝突などがあったのですが、なかなか時間が取れず今日になってしまいました。

まとめて記事にします。

1枚目は、3月18日の低気圧南下による注意範囲です。

20200318.jpg

2枚めは、3月19日から22日の低気圧の衝突地点、等圧線の動き、そして前線消滅による注意範囲です。

20200322.jpg

3枚目は、3月21日の前線消滅による注意範囲です。

20200321.jpg

【検証】
2020年 3月13日02時18分 石川県能登地方 M5.4 震度5強 深さ10km

震度5強という大きな地震だったため検証します。

マップでの検証は、過去の記事のマップにて行っています。

最近の多くの記事で、前線消滅による注意範囲を示しています。

トリガーになったのは、前記事及び前前記事にある3/10の爆弾低気圧によるものと考えます。

また、内陸の浅い地震は海底の地震に比べ、宏観現象が大きく現れます。
ですから、最近の大規模予想の対応地震がこの地震である可能性も十分に考えられます。

下記は、今回の地震に関連の深そうな記事の抜粋です。

複数震源がある場合がありますので、
春分前後の注意期間及び、スーパームーンの影響が薄れる4月15日までは観察を続けます。


●2020年03月09日記事 低気圧の意思と震源の意思

3月8日の低気圧の動きは、
低気圧 「震源に行きたい。」
震源 「近寄ることは許さない。」
といったお互いの思いがせめぎ合っているように思えました。

●2020年3月3日 ツイート記事

3/2/2338頃の植物生体電位 八街での、針のような小異常。
ある程度遠い日本付近の大規模地震の前兆か?4月3日まで観察を続けます。

●2020年02月27日記事 震源を避けた?

2月26日から27日にかけて、勢力は弱いですが低気圧が南下(中略)行く手に大きめの震源があり、そこを避けた可能性

●2020年2月24日 ツイート記事

2/23昼間の植物生体電位 八街の異常はなんでしょうか?
近場のM5以上または、日本付近の大規模?
3/20まで

【最近の主な地震】
2020年 3月21日13時58分 長野県南部 M4.2 震度3 深さ10km
2020年 3月18日00時11分 北海道南西沖 M4.6 震度1 深さ240km
2020年 3月13日22時06分 八丈島近海 M4.5 震度2 深さ10km
2020年 3月13日02時18分 石川県能登地方 M5.4 震度5強 深さ10km

少しでもお役に立てたら
やる気スイッチ
一日一回 押してくださいm(_ _)m
   ↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地震・災害
FC2 Blog Ranking
posted by 横浜信玄 at 10:01| 神奈川 ☔| Comment(0) | 予測と検証 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月12日

M7連鎖の法則の続き

こんにちは!

M7連鎖の法則の続報です。

その後低気圧は、爆弾低気圧となってオホーツクへと抜けていきました。

低気圧の等圧線の中に前回のM7震源がある時に

低気圧が強い衝突を起こした地点にM7エネルギーが伝達されるというものですが、

今回は、その上に前線が前回の震源と新しい震源を結んでいるのではないかと考えています。

となると、3月10日21時から3月11日午前0時の天気図くらいまでがありえる範囲と考えています。

といっても午前0時の天気図はないので予想になってしまいますが

秋田県沖から北海道南西沖あたりが濃厚ではないかという結論です。

この法則は法則と言えるほどのものではなく、発生確率はとても低いです。

ただ、検証する際に過去の天気図を調べてみると、この様になっていることが多いのも事実です。

20200311.jpg

最近の地震

2020年 3月11日13時04分 秋田県内陸南部 M4.3 震度4 深さ10km
2020年 3月 9日04時28分 豊後水道 M4.7 震度3 深さ60km

少しでもお役に立てたら
やる気スイッチ
一日一回 押してくださいm(_ _)m
   ↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地震・災害
FC2 Blog Ranking
posted by 横浜信玄 at 18:15| 神奈川 ☀| Comment(0) | 予測と検証 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月11日

M7連鎖

こんばんは!

私が昔よく言っていたM7連鎖の法則を紹介します。

東日本大震災でよくわからなくなってしまって最近は言っていないのですが、久しぶりに紹介します。

M7の震源を作った低気圧の衝突は、その時その低気圧の等圧線の中に前回M7を起こした震源があるときに起きる。

この時前回M7を起こした震源からM7エネルギーが低気圧を介して新しいM7震源に伝達される。

わかりにくい説明で申し訳ありません。

下図を見ていただければ分かる人は分かると思います。

前回択捉島南東沖に起きたM7の震源は、3月10日21時秋田県沖にある988hPa 65km/h の低気圧の等圧線の最外輪の内側にあります。

この低気圧は、大地震を起こすには十分の勢力があり、高速で衝突しています。

この時、択捉島南東沖の震源と秋田県沖の低気圧の中心を前線が結んでいます。

低気圧と前線によりM7エネルギーが伝達された可能性は高いと思われます。

よって、秋田県沖周辺にM7の地震が発生する可能性があります。

期限は、4月8日のスーパームーンもありますので、4月15日までにします。

あくまで、私のヘンテコ理論によるものです。

20200310.jpg

天気図はこれ

2020031021.jpg

明日3月11日は、さらに低気圧が発達して爆弾低気圧になっていくかもしれません。そうなるともっと強い衝突がある可能性もあります。
あくまで今日見た限りの予想です。

少しでもお役に立てたら
やる気スイッチ
一日一回 押してくださいm(_ _)m
   ↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地震・災害
FC2 Blog Ranking

posted by 横浜信玄 at 00:08| 神奈川 ☔| Comment(0) | 予測と検証 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月09日

前線消滅

こんばんは!

前線が消滅しましたので、ご報告します。

20200309.jpg

今日3月9日昼頃、耳圧を感じました。

近場または、日本周辺の地震の前兆だと思います。

少しでもお役に立てたら
やる気スイッチ
一日一回 押してくださいm(_ _)m
   ↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地震・災害
FC2 Blog Ranking
posted by 横浜信玄 at 19:05| 神奈川 ☁| Comment(0) | 予測と検証 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

低気圧の意思と震源の意思

おはようございます!

3月8日の低気圧の動きは、

低気圧 「震源に行きたい。」

震源 「近寄ることは許さない。」

といったお互いの思いがせめぎ合っているように思えました。

下図には、低気圧南下による注意範囲と前線消滅による注意範囲を示しました。

20200307.jpg

下の天気図には、南下する前の低気圧のコースから、大きな震源がある可能性のある範囲を予想しました。
(赤ラインと赤ラインの間。矢印は低気圧が本来進もうとしていたコース)

20200308.jpg

少しでもお役に立てたら
やる気スイッチ
一日一回 押してくださいm(_ _)m
   ↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地震・災害
FC2 Blog Ranking
posted by 横浜信玄 at 10:34| 神奈川 ☁| Comment(0) | 予測と検証 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月06日

強い衝突

こんばんは!

3月5日は、勢力の強い低気圧が押し戻されるような強い衝突がありました。

釧路沖を中心に、青森県東方沖から北海道の太平洋沿岸地方などが注意範囲と考えています。

大規模の可能性もありえます。

他に、前線消滅も見られました。

20200305.jpg

最近の地震

2020年 3月 4日16時25分 千葉県東方沖 M4.1 震度2 深さ30km
2020年 3月 3日18時31分 種子島近海 M4.4 震度2 深さ40km
2020年 3月 2日09時48分 三陸沖 M4.6 震度1 深さ10km
2020年 2月25日15時40分 三陸沖 M4.7 震度1 深さ10km
2020年 2月24日02時29分 房総半島南方沖 M4.3 震度1 深さ70km
2020年 2月20日12時53分 千葉県北東部 M4.5 震度4 深さ30km

少しでもお役に立てたら
やる気スイッチ
一日一回 押してくださいm(_ _)m
   ↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地震・災害
FC2 Blog Ranking
posted by 横浜信玄 at 04:52| 神奈川 | Comment(0) | 予測と検証 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月02日

前線消滅など

こんにちは!

2月29日から3月1日にかけて、北海道の南西沖付近の低気圧から伸びる前線が消滅しました。

他にも低気圧の南下と思われる現象や、低気圧の発生などがありましたので、マップに注意範囲を色塗りしました。

北海道の南西沖付近などは何度か予想しながら不発のままなので、起きたときには大きいのかもしれません。

20200229.jpg

すでにツイートはしていますが、4月8日がスーパームーンのようです。3月10日もという人もいます。

スマトラ沖や東日本大震災の時のように春分の日や冬至とスーパームーンの日にちがほぼ重なるというわけではありませんが、
3月4月は十分警戒したいと思います。



最近の大きめの地震

2020年 3月 2日09時48分 三陸沖 M4.6 震度1 深さ10km
2020年 2月25日15時40分 三陸沖 M4.7 震度1 深さ10km
2020年 2月24日02時29分 房総半島南方沖 M4.3 震度1 深さ70km
2020年 2月20日12時53分 千葉県北東部 M4.5 震度4 深さ30km

少しでもお役に立てたら
やる気スイッチ
一日一回 押してくださいm(_ _)m
   ↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地震・災害
FC2 Blog Ranking
posted by 横浜信玄 at 16:05| 神奈川 ☔| Comment(0) | 予測と検証 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月17日

低気圧逆行

こんにちは!

九州などでは、低気圧が行く手を抑えられるような動きが見られました。

また、北海道の南西沖付近では、低気圧が逆行するような動きが見られました。

どちらも、自信を持って言えるような現象ではありませんが、発信せずに地震が発生することが過去にも多くありましたので、念の為、注意範囲を示して大規模な震源があることも考えられることを指摘しておきたいと思います。

20200215.jpg

少しでもお役に立てたら
やる気スイッチ
一日一回 押してくださいm(_ _)m
   ↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地震・災害
FC2 Blog Ranking
posted by 横浜信玄 at 16:30| 神奈川 ☀| Comment(0) | 予測と検証 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月15日

【検証】択捉島南東沖 M7.0

おはようございます!

大地震が発生しました。

2020年 2月13日19時34分 択捉島南東沖 M7.0 震度4 深さ160km

【検証】

この地震は、直近では次の記事が前兆をとらえ、またトリガーになった低気圧の衝突を報告しています。

●2020年01月31日記事 低気圧逆行など
>前線消滅
純粋に低気圧が逆行したのであれば、大きな地震が進行方向にあるかもしれません。
>台風並みに発達した低気圧の衝突

・・・・1月27日の前線消滅、28日の低気圧逆行、29日の前線消滅が前兆を捉えていると思われます。
また、1月29日の台風並みの強い低気圧による衝突がトリガーになったと思われます。

●2020年02月01日記事 【検証】関東地方にM5超の有感地震が2回
>2枚めの画像

・・・・1/24ツイート記事 1/23さいたま市別所沼公園上空の写真から割り出した太い波状雲の修正画像の方向に発生しています。
方向は全くの憶測ですが、この手の波状雲の方向にM7が発生したのならば、初めての経験なので、今後の予測に役立てたいと思います。

★以下に数多くの前兆が起きていたことをツイッターで発信していました。
M7クラスの地震の前兆は、非常に多く現れますね。宏観現象が多いときにはやはりなにか起きると考えたほうが良さそうです。

●2月10日ツイート記事

>2/10/06:30am前後の植物生体電位 八街の針のような振れ。ある程度距離の離れた場所か?

●2月9日ツイート記事

>2/9/15時前後の植物生体電位 八街の異常は気になりますね。近場かな?
最近、色々な宏観現象が起きていて、予想もしてるので、その辺に乗っかります。関東周辺のM5以上または、日本付近のM6以上。大規模なら2/25まで。

●2月8日ツイート記事

>2/811時am頃
強くはないが、高周波のピー音を伴う、弱い耳圧が25秒ほど続きました。
日本付近の地震の前兆だと思います。2/14まで観ます。

●2月7日ツイート記事

>2/7昼頃 東-西に収束する放射状雲。カラスも泣いてるし地震雲では?
方向通りの地震、或いは遠地の大きな地震か?2/14まで観ます。

●2月4日ツイート記事

>2/3午後11時頃の植物生体電位 八街の小異常。
なんとも言えませんが、日本付近のM6以上もありえます。

●2月2日ツイート記事

●2/1植物生体電位 八街の
13時から15時の波形はなんでしょうか?
千葉県北西部のM4以上から関東のM5以上、日本周辺の大規模までを視野に入れて観察します。大規模なら2/25まで。

●1月24日ツイート記事

>1/24/19:30頃の植物生体電位 八街の大異常は何を意味しているのでしょう?
海域を含む関東周辺のM5〜大規模を警戒します。大規模なら、2/15まで

【最近の大きめの地震】

2020年 2月13日19時34分 択捉島南東沖 M7.0 震度4 深さ160km
2020年 2月12日19時37分 福島県沖 M5.5 震度4 深さ80km
2020年 2月12日19時36分 胆振地方中東部 M4.4 震度3 深さ40km
2020年 2月 6日20時20分 茨城県沖 M5.6 震度2 深さ40km

※検証の記事には、2月12日19時37分 福島県沖 M5.5の地震を捉えたものも含まれていると考えられます。

※2月14日午前3時台に植物生体電位 八街で大きな異常が出ているようです。
まだ、警戒が必要だと思います。

また、択捉島南東沖 M7.0 は 深さ160kmという深い地震なので、対応地震が発生する可能性があります。
深さが中途半端ですが、同規模以上を視野に入れて警戒するべきです。

念の為予想しておきます。海域を含む関東周辺のM5〜日本付近の大規模地震を警戒します。大規模なら、3月6日まで
(2/16追記:大規模地震の発生時期は、通常かなり遅いので、春分前後の注意期間内の4月15日までに変更します。あくまで発生するならの話です。)

少しでもお役に立てたら
やる気スイッチ
一日一回 押してくださいm(_ _)m
   ↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地震・災害
FC2 Blog Ranking
posted by 横浜信玄 at 11:30| 神奈川 ☁| Comment(0) | 予測と検証 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする