2020年03月23日

3月18日〜22日 前線消滅など及び検証

おはようございます!

3月18日から22日まで、大型で強い低気圧の衝突などがあったのですが、なかなか時間が取れず今日になってしまいました。

まとめて記事にします。

1枚目は、3月18日の低気圧南下による注意範囲です。

20200318.jpg

2枚めは、3月19日から22日の低気圧の衝突地点、等圧線の動き、そして前線消滅による注意範囲です。

20200322.jpg

3枚目は、3月21日の前線消滅による注意範囲です。

20200321.jpg

【検証】
2020年 3月13日02時18分 石川県能登地方 M5.4 震度5強 深さ10km

震度5強という大きな地震だったため検証します。

マップでの検証は、過去の記事のマップにて行っています。

最近の多くの記事で、前線消滅による注意範囲を示しています。

トリガーになったのは、前記事及び前前記事にある3/10の爆弾低気圧によるものと考えます。

また、内陸の浅い地震は海底の地震に比べ、宏観現象が大きく現れます。
ですから、最近の大規模予想の対応地震がこの地震である可能性も十分に考えられます。

下記は、今回の地震に関連の深そうな記事の抜粋です。

複数震源がある場合がありますので、
春分前後の注意期間及び、スーパームーンの影響が薄れる4月15日までは観察を続けます。


●2020年03月09日記事 低気圧の意思と震源の意思

3月8日の低気圧の動きは、
低気圧 「震源に行きたい。」
震源 「近寄ることは許さない。」
といったお互いの思いがせめぎ合っているように思えました。

●2020年3月3日 ツイート記事

3/2/2338頃の植物生体電位 八街での、針のような小異常。
ある程度遠い日本付近の大規模地震の前兆か?4月3日まで観察を続けます。

●2020年02月27日記事 震源を避けた?

2月26日から27日にかけて、勢力は弱いですが低気圧が南下(中略)行く手に大きめの震源があり、そこを避けた可能性

●2020年2月24日 ツイート記事

2/23昼間の植物生体電位 八街の異常はなんでしょうか?
近場のM5以上または、日本付近の大規模?
3/20まで

【最近の主な地震】
2020年 3月21日13時58分 長野県南部 M4.2 震度3 深さ10km
2020年 3月18日00時11分 北海道南西沖 M4.6 震度1 深さ240km
2020年 3月13日22時06分 八丈島近海 M4.5 震度2 深さ10km
2020年 3月13日02時18分 石川県能登地方 M5.4 震度5強 深さ10km

少しでもお役に立てたら
やる気スイッチ
一日一回 押してくださいm(_ _)m
   ↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地震・災害
FC2 Blog Ranking
posted by 横浜信玄 at 10:01| 神奈川 ☔| Comment(0) | 予測と検証 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: