2018年05月18日

最近の地震の検証

おはようございます!

下記の通り、M5台の大きめの地震が多発しています。
検証は、6記事前からのマップに記入しました。

2018年5月18日03時42分 釧路沖 M5.8 震度4 深さ50km
2018年5月17日12時12分 千葉県東方沖 M5.3 震度4 深さ50km
2018年5月14日19時31分 岩手県沖 M5.1 震度3 深さ20km
2018年5月12日10時29分 長野県北部 M5.2 震度5弱 深さ11km
2018年5月07日05時00分 岩手県内陸北部 M5.2 震度4 深さ100km

なかなか言葉通りの結果は出ませんが、天気図は正直だということがわかると思います。
関東の赤丸地点や、前線消滅による注意範囲、低気圧の外輪部衝突地点などの地震が目立ちました。

高気圧と低気圧の間に長い期間気圧のバランスを保った範囲に、その後大きな地震や、地震の多発期がおとずれています。

前記事の、御宿での地震雲からの予想は、予想規模の地震が複数発生しました。

関連記事
4/28記事
>東北地方以北に、気圧のバランスを保つ範囲ができる予想のため広く注意範囲としました。

4/30ツイッター記事
>4月30日午前9時の天気図は、まだ気圧のバランスを保っています。
予報では、今日中に、バランスは崩れます。
暫くの間、東北以北と北海道周辺、日本海を中心に、大きめ、または、多発期になる可能性あり。

少しでもお役に立てたら
やる気スイッチ
一日一回 押してくださいm(_ _)m
   ↓
人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 地震・災害




posted by 横浜信玄 at 06:11| 神奈川 | Comment(0) | 予測と検証 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: