2018年09月22日

低気圧逆行

こんばんは!

9月21日は、房総半島沖で低気圧が逆行しました。

最近でも、平成30年北海道胆振東部地震が、逆行した低気圧の進路方向で発生しました。

過去にも逆行低気圧は、数々の地震の前兆を捉えていますが、

2014年07月29日記事
伊豆大島近海の群発地震について

の例は、鳥島近海から伊豆大島に低気圧が逆行して、衝突。
その後、伊豆大島近海 M6.2 深さ160km 震度5弱の地震が発生しました。

これは、極端で稀なケースだと思われますが、同じブログ記事内で、今回のような低気圧が伊豆半島沖で逆行した後に、福島県沖にM6.8の大規模地震が発生しています。

逆行低気圧の本来の進行方向に特に注意が必要です。

20180921.jpg

保存のため、関連天気図をアップしておきます。
房総半島沖の低気圧が逆行しているのがわかります。
2018092112.jpg
2018092115.jpg

少しでもお役に立てたら
やる気スイッチ
一日一回 押してくださいm(_ _)m
   ↓
人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 地震・災害





posted by 横浜信玄 at 02:32| 神奈川 ☁| Comment(0) | 予測と検証 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月20日

歪が溜まりやすい地域

こんばんは!

最近の読売新聞の記事から、作成した歪が溜まりやすい地域のマップをアップしておきます。

確かに、一人の人の一生のうちにそれぞれの地域内にM7クラスの地震が発生していますね。

9/22追記)一生どころか、私が低気圧の震源予知を始めた2005年の少し前に、新潟県中越地震や、阪神淡路大震災が発生していますから、20年位の間に、マップに示したそれぞれの範囲内に1つ以上のM7クラスの地震が発生していますね。

歪がたまりやすい地点の日本地図.jpg

少しでもお役に立てたら
やる気スイッチ
一日一回 押してくださいm(_ _)m
   ↓
人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 地震・災害




posted by 横浜信玄 at 01:36| 神奈川 ☁| Comment(0) | クリップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月18日

等圧線のふくらみ他

こんばんは!

9月15日から17日まで、まとめてマップに書いてしまったので、わかりにくいと思います。ご了承願います。


前線消滅が2回。

1回は、北海道から九州まで含む範囲が注意範囲。

2回目は、北海道と北方、見方によっては、本州なども含まれる可能性もあります。


そのほかに、等圧線が膨らむ現象が見られました。

経験的には、M5.5前後の地震が発生することが多いので、

薄い赤い塗づぶしを注意範囲として、M5からM5.9の予想を立てました。

20180915.jpg

少しでもお役に立てたら
やる気スイッチ
一日一回 押してくださいm(_ _)m
   ↓
人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 地震・災害




posted by 横浜信玄 at 00:32| 神奈川 ☔| Comment(0) | 予測と検証 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月15日

圧とキーン音・・耳鳴り

おはようございます!

9月14日の夜、かなり強い耳鳴りがありました。

音はキーンという高周波数の音。
で、はっきりとしていました。

また、耳圧も強くありました。

時間は、10秒間位。


音からの予想としては、フィリピン海プレートの絡んだ地点。

規模として、M5前後。

方向は、一応北東方向。

すべては、あくまで経験的な予想で、あてになりませんが、

可能性として最も高いのは、千葉県北西部あたりでしょうか?

マップには、広く注意範囲を示しました。

20180914mimi.jpg

少しでもお役に立てたら
やる気スイッチ
一日一回 押してくださいm(_ _)m
   ↓
人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 地震・災害




posted by 横浜信玄 at 10:52| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月11日

ニュージーランドM7 日本では大きめの余震

こんばんは!

前記事での、前線消滅。
>胆振地方中東部地震の震源上で消滅

に対して、今までのところ、9日に胆振地方中東部 M5.0 最大震度4 深さ40km の余震が発生しました。
まだまだ、注意が必要だと思います。

また、8日に神奈川で見られた彩雲。
>9/15までに、遠地を含むどこかにM7以上発生の可能性。
 9/11までが特に発生しやすいです。
 まれに、近場の小規模地震発生に終わることもあります。

に対して、今までのところ
2018年 9月10日13時19分 ニュージーランド付近 M7.0 深さ130km
の地震が発生しました。
フィジー諸島M8.2 M8.1の深発地震の対応としては、まだあると考えていますし、この地震も深い地震なので更に心配です。

また、たった今房総半島沿岸の地震が発生しました。
2018年 9月10日23時58分 千葉県南東沖 M4.8 震度4 深さ30km
このように神奈川に彩雲が出ると遠地の大規模と近場の地震も発生することがよくあります。


10日は、強い低気圧の衝突はありませんでしたが、少し気になる動きをマップに書きました。

20180910.jpg

【南海トラフ】四国周辺でスロースリップという記事がありました。
時期としては、逆走台風12号の上陸があった後のことですね。

少しでもお役に立てたら
やる気スイッチ
一日一回 押してくださいm(_ _)m
   ↓
人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 地震・災害





posted by 横浜信玄 at 00:25| 神奈川 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月09日

神奈川に彩雲 北海道で前線消滅

おはようございます!

東北地方北部からサハリンさらにロシアにかけて、前線が消滅しました。

赤線と赤線の間を注意範囲と考えます。

関連は不明ですが、胆振地方中東部地震の震源上で消滅しました。

2018090806.jpg

9月8日は、日本の広い範囲で彩雲が見られたようです。

その中で、私がこだわるのは、神奈川県で彩雲が見られたかという点です。

ネット検索によると、確かに稲村ケ崎などで、鮮やかな彩雲が見られたようです。

すでにツイートしていますが、神奈川県で、彩雲が見られた時には、範囲は世界になりますが、一週間以内に、M7クラス以上発生の可能性があります。

9/15までに、遠地を含むどこかにM7以上発生の可能性。
9/11までが特に発生しやすいです。

まれに、近場の小規模地震発生に終わることもあります。

前線消滅と彩雲との関連、前記事との関連等は、全く不明です。
全く新しい予測として書いています。


※前記事(9/7)のマップに、南下する低気圧による注意範囲を書き加えました。

少しでもお役に立てたら
やる気スイッチ
一日一回 押してくださいm(_ _)m
   ↓
人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 地震・災害




posted by 横浜信玄 at 06:48| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月07日

前線消滅

9月6日18時から21時にかけて
千島列島や樺太付近で、前線が消滅したので、注意範囲をアップします。

2018090621.jpg
注)低気圧南下による注意範囲を書き加えました。(前線消滅との関連は不明です。)9/9/6:48

9/7/2:07am追記)
2018年 9月 7日00時49分 南太平洋フィジー諸島 M8.1 深さ670km
また、大きな深発地震が発生しました。
対応地震が心配です。

今年の日本は、台風の当たり年だったので、各所とも用心用心です。

少しでもお役に立てたら
やる気スイッチ
一日一回 押してくださいm(_ _)m
   ↓
人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 地震・災害




posted by 横浜信玄 at 01:09| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北海道に震度7

こんばんは

大きな地震が発生してしまいました。
被災した方々及び関係者の方々には、心よりお見舞い申し上げます。

2018年 9月 6日03時08分 胆振地方中東部 M6.7 震度7 深さ37km(暫定値)

9/22追記)平成30年北海道胆振東部地震 と命名された。

台風21号の衝突がトリガーとなって発生した地震のようですが、記事の作成は間に合いませんでした。

台風21号は、強い勢力でしかも、時速85km以上の非常に早い速度で震源に衝突したようです。

これは、わかりやすく説明すると、強い勢力≒大型のダンプカーが時速100kmでノーブレーキで激突するようなもので、過去にも大地震を起こした例を見てきました。

20180905.jpg

保存のため、最も強い衝突があった天気図とその前後の天気図をアップします。
等圧線の目が混んでいる地点が衝突の強かったところで、その後震源に弾かれて北西に飛ばされました。

2018090503.jpg
2018090506.jpg
2018090509.jpg

台風21号は、進路予報に反して、震源に向かって進みました。
20180905tai21sinro.jpg

9/5記事から
>20号と21号のコース及び色塗りの地点が重なるところを中心に注意が必要ではないかと思います。
 大規模地震も想定して、注意及び備えの機会にしたいと思います。
・・と注意を呼びかけた矢先のことでした。

8/26記事のマップで、北海道西方沖の赤印は、低気圧がほんの少し逆行したためにつけた赤印で、本来であれば進行方向(震源の方向)を注意範囲にするべきだったと反省しています。
そして、その下のマップの通り、消滅した前線上に今回の地震の震源がありました。 これはよくある現象です。

8/23記事にあるように、8月19日 南太平洋 フィジー諸島 M8.2 深さ570kmをはじめとする、大規模地震、特に深発地震の対応地震に警戒している矢先に起きました。

>この深発地震の対応は心配です。範囲は世界になるでしょうが、ニュージーランド、次は日本みたいな例が多くあります。
とも、指摘していました。
・・しかし、この地震の対応は、これで終わりではないと思います。

8/18記事
>その他、勢いのある雲が各地で見られているので遠地を含む範囲の、大規模地震の前兆と考えます。 2週間くらい様子を見ます。
・・地震雲も出ていました。

8/10ツイート記事
>8/10午前1時頃の植物生体電位(八街)の1回だけのグラフの揺れが気になります。 近場なら頻繁に異常が出るはず。 日本のどこかの大規模を感知した可能性あり。8/25まで要注意!
・・少し時期は遅れましたが、対応地震の可能性があります。

5/4に地震予知サークル掲示板にて、北海道南西沖に大規模地震を予想。(時期は、只今の可能性もありますし、半年後の可能性もあります。)
・・この地震が対応地震になる可能性が高いですが、まだ観察は続けます。

5/3記事にある低気圧がこの震源に対する衝突をして、震源を活性化させたと考えます。
そして、この記事の前後の記事にある前線消滅などの注意範囲は、この震源のためにおきた現象だと考えています。

保存のため、この震源に衝突した低気圧が、方向を変え弾かれる様子がわかる天気図を2枚アップします。

2018050306.jpg
2018050309.jpg

少しでもお役に立てたら
やる気スイッチ
一日一回 押してくださいm(_ _)m
   ↓
人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 地震・災害








posted by 横浜信玄 at 00:30| 神奈川 ☁| Comment(0) | 解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月05日

台風21号

こんばんは!

関西地方などに甚大な被害を及ぼした台風21号は、4日23時日本海本州沿岸を北上中です。

四国、関西、北陸などでは、台風20号とほぼ同じコースを進みました。

20号との違いは、勢力と大きさが桁違いに強く、大きいことで、日本海へ抜けても強い勢力を保っています。


特徴的な歪は確認されていませんが、速度が早いので、3時間毎(21時から3時は6時間)の天気図では捉えられていない可能性もあります。

この後の、日本海での台風の動きは、ほとんど観測できません。


ということで、20号と21号のコース及び色塗りの地点が重なるところを中心に注意が必要ではないかと思います。


大規模地震も想定して、注意及び備えの機会にしたいと思います。

20180904.jpg

少しでもお役に立てたら
やる気スイッチ
一日一回 押してくださいm(_ _)m
   ↓
人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 地震・災害




posted by 横浜信玄 at 00:36| 神奈川 ☁| Comment(0) | 予測と検証 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする