2019年08月18日

前線消滅 台風10号

こんにちは!

台風10号が、北上し低気圧になりました。

台風の勢力が衰えた時期に、前線が消滅しました。

他に、低気圧南下や、等圧線の強い動きなどがありましたので、まとめてマップに記載しました。

20190816.jpg

少しでもお役に立てたら
やる気スイッチ
一日一回 押してくださいm(_ _)m
   ↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地震・災害
FC2 Blog Ranking



スマートフォン専用サイトの下段に、PC版と同じリンク集を設置しました。

低気圧による震源の特定方法 URL http://www2.ttcn.ne.jp/~jalan2/check/ は、閉鎖しました。
          ↓
低気圧による震源の特定方法 URL http://teikiatsu-jishin.seesaa.net/ に、リンクの貼り替えをお願いいたします。




posted by 横浜信玄 at 11:12| 神奈川 ☀| Comment(0) | 予測と検証 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月16日

台風10号

おはようございます!

大型の台風10号は、8月15日に日向灘、伊予灘などを上手くすり抜けて、広島県呉市付近に上陸後、現在(8/16/午前9時)は、日本海を北海道に向かって北上しています。


見た感じとしては、台風8号同様、それほど特徴的な衝突はなかったように見えました。

経路図からは、日向灘付近での急激な進路変更があったようなので、この周辺は特に注意が必要なのだと思われます。

台風が2回同じような地点の周辺を通ったのですから、なんであれM6以上の地震が1つあるいは、2つ以上、いずれ発生する可能性は高いと思います。

また、台風は大型なので、マップに書かれていない地点や範囲に、多数の衝突地点があります。

20190813.jpg

台風10号の、経路図

2019081606tai10.png


●8/13のツイッター記事でお知らせしていますが、

>8/13植物生体電位八街での大異常は継続中。8/24までの予想に含める。または、新規に9/3までの大規模可能性。
本日、湘南鵠沼海岸で、彩雲が見られました。8/15までを中心に、8/20までに大規模発生の可能性。範囲は世界。

〇上記にように、既出の予想(8/24まで)あるいは、9/3までに、(千葉県周辺の中規模以上か、)日本周辺のM6以上の大規模地震発生の可能性を、植物生体電位 八街で、8月11日から継続している大異常の波形から予想しています。

8月 4日19時23分 福島県沖 M6.2 震度5弱 の地震発生の前には、8/4に波形が終息に向かっているように見えた直後に発生したので、波形の終息を確認する時間的な猶予はありませんでした。

その意味で、今現在も、波形は終息に向かっているようにも見えます。

また、福島県沖の地震の前との違いは、福島県沖の前の波形は、すべて晴天の時のものだったのに対して、今回は、雨天時の波形も含んでいますので、天候の影響を受けている可能性があります。

〇もう一つの予想として、8月13日に湘南で見られた彩雲から、8/15までを中心に、8/20までに大規模地震発生を予想しています。範囲は世界です。


●最近の大きな地震

2019年 8月15日14時33分 青森県三八上北地方 M5.4 震度4 深さ90km

少しでもお役に立てたら
やる気スイッチ
一日一回 押してくださいm(_ _)m
   ↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地震・災害
FC2 Blog Ranking



スマートフォン専用サイトの下段に、PC版と同じリンク集を設置しました。

低気圧による震源の特定方法 URL http://www2.ttcn.ne.jp/~jalan2/check/ は、閉鎖しました。
          ↓
低気圧による震源の特定方法 URL http://teikiatsu-jishin.seesaa.net/ に、リンクの貼り替えをお願いいたします。




posted by 横浜信玄 at 09:50| 神奈川 ☔| Comment(0) | 予測と検証 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月08日

【検証】3つのM6と噴火


【検証】3つのM6と噴火

2019年 8月 8日06時28分 台湾付近 M6.4 震度2 深さ40km

2019年 8月 4日19時23分 福島県沖 M6.2 震度5弱 深さ50km

2019年 7月30日05時38分 八丈島東方沖 M6.0 震度3 深さ60km

2019年 8月 7日22時08分 浅間山噴火

●相次ぐ大規模深発地震。
●相次ぐ日本列島を注意範囲にするような前線消滅。
これらの現象が見られたときには、十分に注意が必要だと言うことがよく分かる最近の地震発生状況です。

○2019年08月04日記事 【検証】三重県南東沖 M6.5

>この地震は、大規模深発地震なので、この地震の対応地震が発生する可能性がありますので、今後は、それを追っていきます。
(中略)
決めている期限は、8月13日なので、この日までの区切りと、さらに、8月1日の植物生体電位 八街での異常から、8月24日まで大規模地震に警戒したいと思います。

・・・・三重県南東沖の深発地震が、3つの地震と1つの噴火にどの程度関連しているかは不明ですが、関連の可能性は大いにあると考えます。

また、8月1日の植物生体電位 八街での異常は、tree2の青色波形ですが、その後8月4日にtree1の赤色波形の大異常がありました。おそらく比較的近場の福島県沖の地震を捉えたと考えられます。


○2019年07月28日記事 台風6号

>この千葉県東方沖の地震をはじめ、最近、網代沖などの相模湾の地震や神奈川県西部の地震などが発生していますので、相模トラフに関連した地震が発生すると思われます。

期限は、7/25に耳圧を伴う高周波の耳鳴りを感じたので、8/1までとします。

・・・・7/30相模トラフ関連の八丈島東方沖にM6.0の地震が発生しました。
また、この記事のマップで示す台風6号の中心付近に位置する浅間山が噴火しました。
20190726.jpg


○2019年07月23日記事 前線消滅

>7月22日は、日本列島全体が注意範囲にばるような、前線消滅がありました。

・・・・福島県沖の地震が、マップの注意範囲が重なる濃い色の部分で発生。


○2019年07月20日記事  台風5号

・・・・この記事のマップが、台湾付近の地震の震源の特定に成功しています。そして、補足的にアップした関連天気図では、震源に輪ゴムのように弾かれる熱帯低気圧と等圧線の様子がよくわかります。

20190719tai5.jpg

そして、接近した台風9号が、トリガーになったようです。



○2019年07月19日記事 7月16日〜17日 前線消滅など

・・・・この記事のマップで示す通り、福島県沖の地震は、注意範囲の色の濃い部分に発生。八丈島東方沖の地震は、消滅した前線付近に発生しました。

また、福島県沖と八丈島東方沖の地震の震源に低気圧が衝突した時の天気図は、あまり明確ではありませんが、下図の通り、6月18日の山形県沖M6.8の地震の震源にも衝突した6月15日12時になると思います。
2019061512.jpg

観察を続けていて感じるのは、地震を起こす低気圧は、複数の地震を引き起こすことがよくあります。
おそらく、地震エネルギーを帯びた低気圧というものがあるのだと思います。


○2019年07月01日 低気圧逆行
または、
2019年06月23日記事 低気圧逆行

>これらの記事のマップにあるように、度々東北地方日本海側で小型の低気圧の逆行現象が見られています。

・・・・この現象に対する地震なのか、他にもあるのかは今の所不明ですが、一応対応地震の1つとして福島県沖の地震を上げておきます。


○2019年06月10日記事 低気圧が八丈島付近に停滞

・・・・この記事のマップで示すように、低気圧が八丈島付近に停滞したのは、震源に行く手を遮られた可能性があります。


●今後について

○8月5日から6日にかけて、植物生体電位 八街で、tree2青色波形の以上が継続しているので、中規模または、距離によっては大きな地震が発生する可能性があると思います。
大規模の場合は、以前に期限にした8月24日までとします。

○8月7日に10秒間ほど、耳圧を感じました。浅間山の噴火を捉えたものかと思われますが、念の為日本付近の中規模地震以上を1週間ほど警戒します。(8/14まで)

○また、8月6日に、湘南で彩雲が見られました。これに対しても、台湾の地震や浅間山の噴火が対応の可能性がありますが、こちらも世界の範囲で、M7以上を1週間警戒します。(8/13まで)

○そして、前記事 台風8号 で示したマップにあるように日向灘から九州内陸、そして沖までのいずれかのM6以上は、時期はわかりませんが発生する確率は高いと思われます。

○さらに、台風9号の衝突地点やこれから来る台風10号には最大限の警戒が必要になってくると思われます。
2019080821.jpg

少しでもお役に立てたら
やる気スイッチ
一日一回 押してくださいm(_ _)m
   ↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地震・災害
FC2 Blog Ranking



スマートフォン専用サイトの下段に、PC版と同じリンク集を設置しました。

低気圧による震源の特定方法 URL http://www2.ttcn.ne.jp/~jalan2/check/ は、閉鎖しました。
          ↓
低気圧による震源の特定方法 URL http://teikiatsu-jishin.seesaa.net/ に、リンクの貼り替えをお願いいたします。






posted by 横浜信玄 at 20:24| 神奈川 ☁| Comment(0) | 予測と検証 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

台風8号

こんばんは!

8月5日から6日にかけて、台風8号が九州を縦断しました。

あまり、衝撃的な衝突は確認できませんでしたが、内陸を縦断したので、しばらくの間、警戒が必要です。

20190805.jpg

少しでもお役に立てたら
やる気スイッチ
一日一回 押してくださいm(_ _)m
   ↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地震・災害
FC2 Blog Ranking



スマートフォン専用サイトの下段に、PC版と同じリンク集を設置しました。

低気圧による震源の特定方法 URL http://www2.ttcn.ne.jp/~jalan2/check/ は、閉鎖しました。
          ↓
低気圧による震源の特定方法 URL http://teikiatsu-jishin.seesaa.net/ に、リンクの貼り替えをお願いいたします。




posted by 横浜信玄 at 18:58| 神奈川 ☀| Comment(0) | 予測と検証 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月04日

【検証】三重県南東沖 M6.5

【検証】三重県南東沖 M6.5

2019年 7月28日03時31分 三重県南東沖 M6.5 震度4 深さ420km
(北緯33.0度、東経137.4度)

宮城県で震度4を観測する、大きな深発地震が発生しました。


●主な、前兆として以下のような現象がありました。

・日本全体が注意範囲になるような前線消滅が復数あった

・等圧線の膨らみが長く続いた

・小型の低気圧の逆行と低気圧の南下の中間地点で発生した。

・日本の北と南で発生した大きな深発地震の、2つの震源の間の地点で、発生した。

・消滅した前線上に震源があった

・植物生体電位八街で大異常があり、8/13までに大規模地震が発生する可能性を指摘していた。

・FAXの異常動作や、電球が切れる現象があった。


●関連記事は以下の通りです。

○2019年07月28日 台風6号

・・・・この記事のマップで示す通り、台風6号の経路付近で発生。台風がトリガーになった模様。


○2019年07月23日 ツイート記事

>7/23/2:00am植物生体電位八街で大異常。8/13までに、日本付近に大規模可能性。

・・・・まだ、観察期限内ですが、大規模地震が発生しました。


○2019年07月19日 7月16日〜17日 前線消滅など

・・・・この記事のマップにあるように、ほぼ消滅した前線上で発生しました。


○2019年07月13日 ツイート記事

>7/13奄美大島北西沖M5.9深さ250km

この深発地震と7/9オホーツク海南部M5.8の深発地震の間のいずれかに、M7クラス以上発生の可能性大。即日から7月末。

・・・・予想範囲内に予想時期内に、この地震が発生しました。


○2019年07月13日 大きな前線の消滅

>昨日は、電球が一つ切れました。 電気系は、要注意。中でも、FAXの誤作動が起きているのが気にかかっています。 日本付近は、大規模発生可能性大です。

・・・・地震の前に電球が切れることは、普通によくあることで、FAXの誤作動は、東日本大震災の前にもありました。


○2019年07月11日 7月8日〜9日 いくつかの低気圧の不審な動き

●この記事の内容とマップが、三重県南東沖の大地震の前兆を最もよく捉えていると思われます。

>7月8日〜9日は、九州、四国付近を中心に、鳥島付近などでも低気圧が迷走。 また、相変わらずの等圧線の膨らみ。

下図は、この記事内のマップ
20190708.jpg

このマップの等圧線の膨らみ、四国付近の低気圧の逆行、鳥島付近の低気圧南下、それぞれに書かれている注意範囲の重なる地点でこの地震は発生しています。

これらをまとめると下図のように震源及び規模を絞り込むことが可能だったといえます。
ただし、それぞれの現象が同じ地震の前兆を捉えているとは決められませんので、あくまでチャレンジとしてこのような絞り込みをする価値はあるのではないかと、思われます。

下図は、それぞれの現象の注意範囲の重複から割り出した、M5.5以上発生の可能性が予測できた範囲。

2019070809kenshou.jpg


●この地震は、大規模深発地震なので、この地震の対応地震が発生する可能性がありますので、今後は、それを追っていきます。

すでに、八丈島東方沖に、M6.0の大きな地震が発生しています。

2019年 7月30日05時38分 八丈島東方沖 M6.0 震度3 深さ60km

この地震が対応の可能性もありますが、決めている期限は、8月13日なので、この日までの区切りと、さらに、8月1日の植物生体電位 八街での異常から、8月24日まで大規模地震に警戒したいと思います。


●その他、最近の大きな地震は、次の通りです。
8/1 M6.8 深さ10km 中央チリの近くの海岸
8/2 M6.9 深さ53km インドネシア、スマトラ島の南西部

少しでもお役に立てたら
やる気スイッチ
一日一回 押してくださいm(_ _)m
   ↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地震・災害
FC2 Blog Ranking



スマートフォン専用サイトの下段に、PC版と同じリンク集を設置しました。

低気圧による震源の特定方法 URL http://www2.ttcn.ne.jp/~jalan2/check/ は、閉鎖しました。
          ↓
低気圧による震源の特定方法 URL http://teikiatsu-jishin.seesaa.net/ に、リンクの貼り替えをお願いいたします。




posted by 横浜信玄 at 09:24| 神奈川 ☀| Comment(0) | 予測と検証 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする